金沢大学 大学院先進予防医学研究科 Kanazawa Univercity Graduate School of Advanced Preventive Medical Sciences

おしらせ

平成29年度(4月期入学)入学者選抜試験合格者(第2次募集)を公開しました。

平成29年度(4月期入学)第2次学生募集要項を公開しました。


研究科長挨拶

センター長 中村裕之(医学系環境生態医学・公衆衛生学教授)研究科長 中村裕之
医学系環境生態医学
公衆衛生学教授

平成28年4月に、金沢大学に大学院先進予防医学研究科(医学博士課程)が新設されました。この背景には、昨今の医学において予防医学の重要性が格段に向上したことがあります。元来、衛生学・公衆衛生学がこの領域を担当して参りましたが、衛生学・公衆衛生学の分野だけではなく、臨床医学系の諸分野との有機的な連携のもとに担当して初めて、健康寿命の延伸とQOL(Quality Of Life)の向上という、予防医学本来の目的を全うできることが明らかになってきました。

このような予防医学の広範性は、従来の衛生学・公衆衛生学の枠組みでは当然、賄えきれるはずもなく、幅広い臨床医学系分野及び予防医学の学問的基盤となる基礎医学系の分野と一体となった学問体系を築く必要があります。また、その目的を達成するために、従来の予防医学的手法を発展させ、新たな方法論としてオミクス情報からマクロ環境情報まで個人と環境の特性を網羅的に分析・評価し、0次予防から3次予防までを包括して個別化予防を目指すことを提唱しました。その学問的基盤の充実と、個別化予防を実践できる人材を育成するために、この度の本研究科新設となりました。

本研究科は、千葉大学、金沢大学、長崎大学(以下、構成大学)が連携して一つのカリキュラムを編成する、国内の国立大学医学系では初となる共同大学院の一翼を担うものとなります。この共同大学院は、構成大学がその長所を持ち寄る仕組みによって、所期の目的を達成するねらいがあります。したがいまして、カリキュラムは構成大学の特徴を生かした大変ユニークな編成となり、またその教育方法は、遠隔講義を中心としながらも、教員と学生だけではなく、学生間での学びをも促進させる新しい教育システムに基づいております。さらにそれ以外に、次の特徴があります。

  1. 学位は、共同教育課程を構成大学の連名により、授与される。
  2. 学生は、各構成大学に在籍するが、主指導教員(主として研究指導を担当する 専任教員)が在籍する大学に本籍(学籍)を置くことになる。
  3. 学生は、構成大学の施設等を利用することができる。
  4. 本籍を置く大学以外の構成大学の副指導教員からも、研究指導が受けられる。

また開講と同時に設置されました金沢大学医薬保健研究域先進予防医学研究センターを研究の軸として、構成大学における疫学や予防医学を中心とした共同研究を推進しております。

本研究科は、以上の教育と研究を構成大学とともに展開することによって、今後、益々、重要となる個別化予防を実践できる先進予防医学研究者・教育者や、疾患の早期診断法、スクリーニング法により先進予防医学の方法論を臨床現場に応用できる臨床医・薬剤師などの医療従事者を育成します。同時に、今後の地域における「超高齢化少子社会」の医療・健康・介護・福祉のさまざまな問題の克服と、グローバル化社会における世界規模での健康問題の解決に向けて全力を尽くす所存です。そのため、関係大学、関係諸機関各位の益々のご理解とご支援をお願いする次第でございます。

平成28年4月1日 金沢大学大学院先進予防医学研究科長
医学系教授 中村裕之